投資信託の利回りと起業の利益で財産を築くためのサイト 起業後、投資信託を中心に財産を築いてきた私の情報サイトです。

投資信託ってどんなもの?

02.25.2013 · Posted in 投資信託

http://投資信託初心者.com/ 投資信託はどのようなところで販売していますでしょうか。 保険会社や郵便局でも販売していますが、メインで販売しているのは銀行や証券会社です。投資信託の運用対象は国外株式やインデックス投資、債権や国内株式株価指数で投資など種類は様々です。

投資信託は販売会社銀行、証券会社、郵便局などで販売されるわけですが、では、そのお金はどこに保管されるのでしょうか。 実は資産管理を信託銀行が専門に行っていて、お金は信託銀行に保管されています。

そのお金をどこに投資をするのかを考えるのが運用会社なのです。 信託銀行は集められたお金を運用会社の指示を受けてから、その指示に従って株や債券などを中心に金融商品を選びます。

販売会社は投資家に対してファンドの販売をしますが、運用の指示や資金の保管などはしません。販売等は販売会社にまかせて、運用に集中するのが運用会社ですね。

このように運用会社と販売会社は果たす役割が別々だということです。 ここで、「あくまでも販売しかしていない」のが販売会社であるということを改めて確認する必要があります。

まるで自分の会社の商品のように営業マンはおすすめしてきます。これは上場している大手証券会社や、有名な銀行の営業窓口でよくある光景です。

上述したとおり、運用会社と販売会社の役割は分離しています。 運用会社は別にあり、あなたの資金を運用するのは運用会社ですが、大手証券会社銀行は完全に販売のみを行っています。

投資信託を購入した結果、得をしようが販売会社の利益にはなりません。 相手は商品を何とか買わせようとすることしか考えていませんので、あなたにとって本当に良いかどうかはよく考えなければなりません。

あれこれ言ってくるのはあくまでセールストークに過ぎないのです。 販売会社を通じて出資する資金を、機関投資家やプロの運用会社が、株式や債券、不動産などに投資する仕組みで、複数の投資家がこれに出資をしています。

金融商品の一つである投資信託は、投資家に還元するために運用の利益を目指し、成果物をあげた場合、それらが投資家に還元されます。銀行に預けるわけではないので、預金と違い元本は保証されません。

常につきまとうのが毀損のリスクだということをよく理解して下さい。積極的にお金を増やす行為である分、お金を損失する可能性もはらんでいます。

日本も昔とは時代が変わり資産運用する流れがあります。 これは、ゼロ金利政策で預金の利息がほとんどないに等しいからですね。

資産運用はプロに任せるのが賢明です。 ファンドマネージャーなどはお金を投資家から集めますが、どのような対象に投資するかは運用会社の運用方針によって変わります。

参考文献:http://xn--vuq57cr0vpwcxq7c4vmtne.com/

2014年 3月26日 : より投資信託の情報が細かく載っているサイトがあったので参考文献を変更しました。